Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2022年08月08日

これがリアルトレンド!!ーSHISEIDO PROFESSIONAL presents – A/W 2022 TREND STYLE SEMINAR

LINE facebook twitter

トレンドの読み取りは美容師として必須項目。
 
流行りを感じとり、どう表現していくか。
 
SNSが活発化しているこの現代で、お客様の方が敏感になられているケースも・・・
 
そんな時代の流れに置いてかれないように
今日のセミナーを通してバッチリ抑えてください!!
 
今回は2022年8月3日に行われた
 
 
SHISEIDO PROFESSIONAL presents – A/W 2022 TREND STYLE SEMINAR
 
の様子をダイジェストでお届けします。
 
 

 
 
資生堂プロフェッショナルがお届けする
“Beauty Stream A/W 2022” 公開直前のオンラインセミナー
 
正に今最も旬なデザインを堪能することができます!
 
今回は講師として
triccaの小走祥菜先生をお迎えして、
最新デザイン&明日から使えるテクニックをご披露いただきました!
 
アーカイブ配信は、なんと・・・・無料!!!!
 
見ない理由がございません。
 
今どんなものが流行っているのか?
それは何で流行っているのか?
その上で、どのようにデザインしていくのか?
 
アナタは言語化することができるでしょうか。
 
その目安として、ぜひ今日のセミナーをご覧になって頂けたらと思います!
 
 
 


 
《小走祥菜先生》
 
@koba327_tricca
tricca

 
 
※配信に関しまして、ヘアキャンプでは講師・スタッフの安全に配慮して行なっております。詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
 

1. セミナーチャート

 

☑こんなことが学べます
・AWのトレンドを踏まえたエッジィ&ナチュラルスタイル
・BLEACH MASTER / ULTIST使用したデザインカラー
・サロンワークで明日から使えるテクニック
・メイクや服装に合わせたヘアデザインの作り方
 
 
 

2. トレンドの流れ

 
ヘアを始め、ファッションも然り
世の中の情勢が、それらに大きく影響を及ぼしております。
 
さて、2022年はどんな年でしょう?
 
流行り病や海外での戦争
もちろん明るい話題もございますが、多くは混沌としている
そんな時代であると思います。
 
その中で、ヘアやファッションのトレンドはどのように変化していくか?
 
 

 
 
先行きの見えない世界の中で
「流されたくない」という人々の気持ちを汲んだ、
強い女性像の打ち出しが際立っていると言われております。
 
・幅広い、自由なカラーバリュエーションのデザイン
・ライン感のあるどこか強い印象のデザイン

 
もちろん、可愛いやフェミニン、コンサバを求める方も多くいらっしゃいますが
 
今まで以上に、枠に捉われず
自由な発想で広がっているトレンドなのかなと。
 
今季のBeauty Streamのテーマは
 
“シンクロマティック”
 
シンク→同期する
クロマティック→色がついた
 
それらを組み合わせた造語は“色でつながろう”という意味を持たせております。
 
 

3. 一人目のモデル施術

 
早速ですが、beforeの状態がこちら
 
全頭ブリーチをしてから、リタッチ幅が約2センチ伸びた状態で、レングスはミディアム。
 
 

 
ここから、ショートスタイルにブルー系のカラーを施していきます。
 
ここで注目していく施術が、ローライトを入れてデザインを作る部分。
 
なんと、ホイルの枚数は5枚のみ!
 
最小限の手数で、最大限の効果を生み出す!
 
ここのテクニックは明日から即実践可能かなと。
 
 

 
 
カットは重めなシルエットにしながらも、
しっかり動きのつくようにカットしていきます。
 
ブラントカットなのか、チョップカットなのか
どのようにグラデーションをつけていくのか?
 
一挙手一投足に理由があり、それを裏付ける効果を生み出していきます。
 
 

 
 
 

4. 二人目のモデル施術

 
二人目のモデルさんはロングヘア
 
 

 
 
事前に裾にブリーチで仕込みをしてくださっておりました。
 
今回のポイントは、
ライン感を“前髪・顔まわり・全体のアウトライン”で表現をしていきます。
 
 

 
 
ロングヘアは、長さを例え5センチ切ったとしてもわかりにくいもの。
 
しかし、アクセントとなる部分にしっかりデザインしていくことで、印象が大きく変わります。
 
 
カラーは事前に仕込みをしていただいた裾カラーにオレンジ系の色を入れて
全体はベージュ系の色味を乗せていきます。
 
 

 
 
カラーリングの際は、※1,ULTISTを使用。
 
※1,カラーインコアテクノロジーを搭載した、アジア人の髪のためのヘアカラーになります。
頭皮や髪に優しく染めていけるのも特徴的。
 
 

> 次のページでは完成スタイルと動画の一部を公開!

 
 

関連記事

人気記事