Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2021年02月25日

迷ったらこの一本!キャラデコ新色でLECO内田先生が作るコントラストデザイン

LINE facebook twitter

この記事はプロモーションを含みます。
 
 
こんにちは詩歌です。
ニャンニャンニャンで2月22日は猫の日だそうです。
 
 
さて、今回は2021年02月22日に放送された
 

「LECO 内田聡一郎 ─ CONTRAST DESIGN 大解剖 【クリエイティブスタイル × サロンワークスタイル】Supported by 中野製薬」

 
の様子をダイジェストでお届けいたします。
 
前回のセミナーに引き続き、中野製薬様キャラデコ新色発売記念と題しまして、LECO内田聡一郎先生をお招きしてのセミナーとなります。
 
皆さんお楽しみの新色を使ったデモンストレーションは、新色の中でもイチオシの2種類のベージュをはじめ、内田先生らしいハイコントラストカラーを二人のモデルさんをお呼びして実施していただきました。
 
 


 
 

このセミナーを見て、聴いて、そして実際に使ってみて、キャラデコ新色の素晴らしさを皆さんにも知っていただきたいと思います。
 
 



 
《内田聡一郎先生とは?》

 
 
 
※配信に関しまして、ヘアキャンプでは講師・スタッフの安全に配慮して行なっております。詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
 

1. セミナーチャート

☑️こんなことが学べます
キャラデコ新色の薬剤の特長
おすすめの暖色を使ったレシピ
おすすめの寒色を使ったレシピ
内田先生が作るショートカットのポイント
 
 
 

2. ライト&ダークカラーおさらい

まずは前回のセミナーをご覧になった方もそうでない方も、今回ローンチされた新色についておさらいしたいと思います。
 
 

 
 
2月22日に中野製薬から発売されたキャラデコの新色【ライトカラー】【ダークカラー】。
ハイブリーチベースに淡いキレイな色を単品で簡単に表現できるライトカラーと、ハイブリーチベースからでもしっかりとトーンダウンし、ローライトを表現できるダークカラー、全8色がリリースされました。
 
研究を重ね、アンダーの色に振られにくく、安定した発色が期待できるこれらの新色ですが、まさに8色全てが今年のS/Sを牽引してくれそうな柔らかな深み、くすみカラーとなっています。
 
ダークカラーと聞いて真っ先に残留が気になってしまいますが、こちらも今回しっかりと深掘りして頂きましたので、その内容についてもちらっとご紹介していきたいと思います!
 
 

3. 暖色を使ったコントラストカラー

まずはグレー、コーラル、ベージュを使った暖色系カラーから解説していただきます。
 
今回はトップセクションのみハイブリーチされており、アンダーセクションは6レベル相当の暗めカラーからスタートです。
 
 

 
 
アンダーセクションの部分には、新色のダークグレーを用いており、ハイコントラストながらも沈まず、透明感のあるダークカラーとなっています。
 
トップセクションは、残留で茶味のある部分をコーラルで、その他の部分をベージュで染め、春らしい色を使ったクリエイティブカラーになりました。
 
 

 
 
剤を作った段階でコーラルはかなりビビットな発色をしており、まるでショッキングピンクのような見た目ですが、染まり上がりは上品なオレンジ味のあるピンクになっています。
 
 

 
 
従来のこのような類のカラー剤よりも仕上がりの色がマイルドなので、淡いキレイな色を1本で作れてしまうのがまさに魅力です。
 
 

4. 寒色を使ったコントラストデザイン

続いて寒色を使ったコントラストデザインです。
  
先ほどと同じくトップセクションのみハイブリーチされたデザインですが、少しのセクショニングの差で、コントラストの入る深さが変わって見え、様々な表情を楽しむことができます。
 
 

 
 

ブルーブラックと、ペールブルーを使ったこちらのデザインは、今注目されているシャーベットカラーに少し力強さを加えたようなモードでスタイリッシュな仕上がりになっています。
 
単品使いができるところがポイントのキャラデコ新色ですが、ブルーブラックなどダークカラーを使っても残留しにくく、カラーチェンジの際にはきちんと脱染できるような設計になっているそうです。
 
またこちらのダークカラーシリーズは、所定の時間放置しても沈みにくく、セクショニングで他のカラーと塗り分けするときも安心して使うことができます。
 
 

 
 

これまで複数の剤を混ぜないと出せなかった色が1本で出せると言うのは、タイムパフォーマンスもグッと上がりますし、何より自信を持ってカラーの提案ができるようになります。
 
 

> 次のページでは完成スタイと動画の一部を公開!

 
 

関連記事

人気記事