Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2020年02月04日

難しいから“良い”とは限らない!send by HAIR 中井裕貴流、ショートカットプロセスを学ぶ

LINE facebook twitter

 
今回は、2020年2月3日に放送された
 

「send by HAIR 中井裕貴 ショートヘアの苦手意識が無くなる!『シンプルカットプロセス』でリピート率&集客力UP!」

 
の様子を佐藤真央子がダイジェストでお届けいたします。
 
 
ごまかしが効かない、フォルムが重要となるショートヘア。
皆さんは自信を持って、ショートヘアを提供できていますか。
 
カット技術がそのまま表れるショートヘアに、苦手意識を持っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、衰えることなくショートヘア人気が続く今こそ、ショートヘアの引き出しを増やし、効率よく提供できることが売り上げに繋がるのではないでしょうか。
 
 
お客様が満足し、再現性の高いカット技術を身に付けることができれば、リピート率も集客力も上がること間違いなし。
そこで、ショートヘアが苦手な方にも見てほしい、中井先生こだわりの簡単でシンプルなカットプロセスを大公開。
 
 
さらに今回は、インスタグラムで4万人ものフォロワー数を持つ中井先生直々に
ヒットを狙う、SNSに適したショートヘアの撮影方法も学んでいきます。
 
“シンプルにバランス良くカットする”という、中井先生流リピート率アップを目指すショートカットプロセスから
集客力を高めるインスタグラムの撮影術まで、細かく学べる充実の1時間です。
 
 
 



 
《中井裕貴先生とは?》

 
 

1. セミナーチャート

☑こんなことが学べます
・簡単プロセスで再現性の高いカット方法
・お客様の満足度を高めるカウンセリング方法
・インスタグラムでヒットするショートヘアを撮影するときのポイント(スタイリング・構図・加工)
 
 

2. ショートヘアで欠かせない、チェック項目とは?〜カウンセリング編


 
 
 

・直毛
・柔らかい
・量が多い
 

・面長気味
・頭頂部が高い
 

・立ちやすく浮きやすいクセ
・襟足の位置が深い

 
 
ショートヘア作りでは、特に重要となるカウンセリング。
今回は、モデルさんの髪を実際にチェックしていきます。
 
 
このカウンセリングで重要なのは、ポイントとなる①〜③の3つの項目をチェックすること。
3つの項目をそれぞれしっかりとチェックし、お客様に似合い、さらに再現しやすいデザインを考えていきます。
 
この3つの項目とは一体何なのか、カウンセリングの流れをポイントとともに詳しく見ていきます。
 
 

3. カウンセリングが終わったら、いよいよカットスタート!〜ウェットカット編


 
 
まずは、ウェットカットでベースを作っていきます。
カウンセリングでチェックした、3つの項目のチェック結果に合わせた方法でベースを作ります。
 
セクションの取り方やウエイトの作り方、スライスの引き方や洗練されたショートヘアにするためのカットポイントなど、
 
トレンドを押さえつつ、綺麗なショートヘアに仕上げるためのベース作りのポイントがぎっしりと詰まっています。
 
 

4. ベース作りの次は、仕上げに向けてイメージを形に〜ドライカット編


 
 
ベース作りが終わったら、髪の状態に合わせたドライ方法で乾かしていきます。
 
ドライ後は、“軽さ”を作っていきます。
この軽さの作り方が、中井先生のショートヘアのカギとなります。
 
 
スタイリングを想定して、束感や浮遊感を作りやすく、お客様が自分の手でも再現しやすいようにカットで調整していきます。
もちろん、この軽さの作り方も簡単なプロセス。
 
中井先生流の軽さの作り方で、お客様も満足する再現しやすいショートヘアを学んでいきます。
 
 

> 次のページでは完成スタイルと動画の一部を公開!

 
 

関連記事

人気記事