Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2021年08月08日

圧倒的染料量のアルーリア ファッション ダーク クロマインクでしか出せないイロミはこれだ!

LINE facebook twitter

 
 
こんにちは詩歌です。
最近初めて我家で写真撮影にトライしました。
単身者激狭ほぼ倉庫のような我が家ですが、フォトグラファーさんの腕にかかればあれよあれよという間にananのグラビアのような写真が撮れました。
やはりその道のプロの知識と腕は何にも変え難いものです。
 
 
さて今回は2021年08月02日に放送された
 

「5回連続企画】10年前に出会いたかったカラー剤 PUNEL 齋藤氏監修「アルーリア ファッション ダーク クロマインク」第2弾-深発色カラーの秘訣-Supported by LOREAL PROFESSIONNEL」

 
の様子をダイジェストでお届けいたします。
 
 
今回は、今をときめく兼井遼(blink)先生、そして同じく大人気スタイリストのへぎしょうた(sand)先生をお迎えして、アルーリア ファッション ダーク クロマインクの深い発色力について深掘りしていきました。
 
全ての美容師が抱える3つの大きな悩みを徹底的に考え抜いて開発されたアルーリア ファッション ダーク クロマインクは、ブリーチオンカラーのみのためのカラー剤ではありません。
 
2回目となる今回は、明度に関わらず透明感のある、発色の良いカラー剤として一味違う暗髪の提案に焦点を絞った内容となっています。
アルーリア ファッション ダーク クロマ インクだから自信を持ってできるカラー提案、そしてこれからのトレンドのヒントとなるスタイルを是非お楽しみください。
 
 
 

※配信に関しまして、ヘアキャンプでは講師・スタッフの安全に配慮して行なっております。詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
 

1. セミナーチャート

☑️こんなことが学べます
・アルーリア ファッション ダーク クロマインクについて
・アルーリア ファッション ダーク クロマインクの発色力
・アルーリア ファッション ダーク クロマインクが深発色な理由
・新色を使ったblink兼井遼先生の深みピンク
・新色を使ったsandへぎしょうた先生のおしゃれブラウン
 
 
 

2. アルーリア ファッション ダーク クロマインクが『ナゼ?』高発色なのか

前回ブリーチオンカラーでアルーリア ファッション ダーク クロマインクの素晴らしいアンダーコントロール力について見せていただきました。
その時にも感じたアルーリア ファッション ダーク クロマインクの高い発色力は、ハイトーンのみならず、暗髪においても絶大な力を発揮します。
 
 

 
 
その高い染色力の秘密はカラー剤の配合にありました。
 
 

 
 
アルーリア ファッション ダーク クロマインクは、従来のカラー剤に比べて発色を安定させるために含まれていた茶味を圧倒的に削って作られています。
ほとんどの色素を目的色で作っていることから鮮やかで濁りのない、また深い発色をさせることが可能です。
 
 

3. 8トーンのアンダーに深いピンクを発色!

百聞は一見に如かず。と言うことでまずは兼井先生のカラーから見せていただきました。
アルーリア ファッション ダーク クロマインクの新色を使って、深みのあるピンクを作ります。
 
カメラ越しに見る染める前の8トーンが、想像していたよりも暗くて、本当にこの暗さに色を入れてピンク色味を感じられるようになるんだろうか…。とこっそり心配すらしてしまいますが、仕上がりはうるうるのディープピンクに。
 
 

 
 
チョコレートにイチゴのシロップを流し込んだような優しい色合いに仕上がりました。
 
 

 
 
中でも兼井先生カラーの私の最大の推しポイントは、ポイントでブリーチしていたイヤリングカラーの部分の仕上がりです。
クリア剤で希釈したピンクが自然なスモーキーなピンクに発色していて、夏はもちろん、これから秋に向けてもピッタリな繊細な色味に仕上がっていました。
 
 

4. 12トーンのアンダーにおしゃれブラウンでアプローチ!

続いてへぎ先生のおしゃれブラウンです。
茶味を強く感じられるくらい褪色している12トーンのベースに、アルーリア ファッション ダーク クロマインクを含む3色を使って、均一なブラウンに染めていきます。
 
熱ダメージを受けている毛先、そして古いインナーカラーの履歴がある部分は色が深く入ってしまわないように薬を少し分けて染めていきます。
 
 

 
 
こちらは兼井先生とは逆に、赤みを消すのが難しそうなベースですが、仕上がってみると硬さのない上品なブラウンになりました。
 
 

 
 
一般的には混色をしながら、透明感を出すのはとても難しいこととされていますが、アルーリア ファッション ダーク クロマインクは混ぜても濁りみが少なく、これまでの既存品と合わせてブラウンを作ることもできます。
 
 

> 次のページでは完成スタイルの一部を公開!

 
 

関連記事

人気記事