Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2020年05月20日

–ワンランク上の撮影技術を習得– Photoglapher神戸健太郎氏が教える、iphoneでも綺麗に撮れる“光を操る”極意

LINE facebook twitter

 
こんにちはSugaです。
 
 
まもなく日本列島梅雨入りの時期となりました。
晴れ、曇り、雨、屋外か屋内か、
撮影は色んなシチュエーションで行われますよね。
 
素敵な作品を残す上でどんな時でも、1番大事なコトは同じだそうです。
そう、それは“光”です。
 
 
今回は2020年5月19日に放送された
 

「Photographer 神戸 健太郎 – “光から知る、プロの撮影方法” iPhoneで十分撮れるヘアー & ヘアカラー撮影」

 
の様子をダイジェストでお届けいたします。
 
Photographerとして独自の視点から世界を切り出し、魅力的な作品を世に送り出すプロフェッショナルアーティスト、神戸健太郎先生をお招きしてお送りいたします。
 
 
神戸先生の活躍は幅広く、女性誌を中心に、広告やカタログ、ライブ写真等で活動。
美容師に馴染みのあるヘアーカラー剤 “THROW”の、ビジュアル撮影も担当されております。
 
1998年からPhotographerとしてご活躍され、わずか3年で独立。
22年間、第一線で走り続けてきた撮影の極意の一部をご教授いただき、明日からのフォトシューティングに繋げていただけたらと思います。
 
 
私たち美容師が日頃撮影をする中で、、、、
 
・肉眼で見た印象と、撮影してみた印象が違う
・髪色、髪質、表情に合わせた撮影がしたい
・映える撮影をしたい
・作品がワンパターンなので、撮影の幅を広げたい

 
そんなコトを思われている方もいらっしゃるかなと。
 
 
“光で作り出す”作品の撮影方法では、皆様がお持ちのiPhoneで、
神戸先生のライティングクオリティを再現し、
ネクストステージに駆け上がることができます!
 
レンズの向こうに広がる、素敵な世界を一緒に覗きにいきましょう!
 
 



 
《神戸健太郎先生とは?》

 
 
※配信に関しまして、ヘアキャンプでは講師・スタッフの安全に配慮して行なっております。詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
 

1. このセミナーでは

☑こんなことが学べます
・撮影する際の光の操り方(影の活用の仕方)
・iphone既存のカメラ機能での映える撮影方法
・アプリを使った写真の編集の方法
・LEDライトを使った撮影方法
・小物を使った撮影のアイデア
・ワンランク上の撮影方法
 
 
 

2. 光を知るコトは影を知るコト

撮影を始める時、“あそこの壁を使おう”とか“この色がある所がいい”とか場所で選びがちです。
 
しかし今回は、光を探すところから始めていきます。
 
 
具体的にどうすれば良いか?
 
 
それは、日常に広がっている“影”を探していくことで、光を見つけることができます。
 
影を活かして撮影したり、影を消して撮影したり。
 
“影”を軸に考えることは、同時に“光”を知ることに繋がってくると、
神戸先生は仰っております。
 
 

 
 
 

3. ライトを遮る事で影を作り撮影に活かす

レフ板で天井の光を遮り、敢えて影を作り出して撮影しております。
 
 

 
 
この時に、iPhone既存のカメラ機能を、最大限に活用する方法を伝授してくださいます。
 
光の調整や、モデルとのベストな距離の取り方など、カメラ本来の機能を使いこなすことが、上手く撮るための1つの鍵となります。
 
 
 

4. アプリでの編集

iPhone内にダウンロードしてある編集アプリを使って、編集の仕方を教えていただきました。
 
明るさや色味、ホワイトバランスなど自分のイメージする形で編集を進めていきます。
 
ここでは影の部分をわざと強調させたり、逆に弱めたりすることで、味付けをしていきます。
 
 

 
 
また、編集の時間がとても長くなってしまわれる方も、
アプリを通して時短にできる裏技も教えてくださります。
 
 
 

5. LEDライトを使った光の操り方

セミナーの宣伝ページにて紹介をしているLEDライト(10000mAh大容量/LEDランタン)を使った方法です。
 
 
ここでは、光を操る計算された撮影テクニックを学ぶ事ができます。
 
光を動かす事によって、ベストな影を作り出し、自分の描く最適なポジションを探していきます。
 
 
モデルの顔の角度や、ヘアの艶の見え方などに注意しながら、
自分がどのように見せていきたいか?
 
 
そこをコントロールしてシャッターを押していきます。
 
神戸先生の“光の魔法”の炸裂です。
 
 
光を知ることにより
 
撮影の場所にとらわれる事なく、
可能性をグンと広げてくれます。
 
 

 
 
 

> 次のページでは完成スタイルと動画の一部を公開!

 
 

関連記事

人気記事