Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2020年02月19日

もうパーマ施術を断らない!南佳太のブリーチ毛にアプローチする南式酸性デジタルパーマセミナー

LINE facebook twitter

 
こんにちは!ヘアキャンプです!
 
 
今回は2020年2月18日放送された
 

「南佳太氏によるブリーチ毛に0ダメージでかける南式酸性デジタルパーマ」

 
の様子をダイジェストでお届けいたします!
 
 
ブリーチを使ったデザインカラーが大流行を続ける今、その人口は日に日に増加しています。
しかし、それらの施術はカラーでのスタイルチェンジを短いスパンで行うのは難しく、お客様の飽きとは常に向き合い続けなければいけません。
 
そこで提案できればお客様にとってもスタイリストにとってもスタイルの幅が広がるのがパーマです!
 
しかし、実際ブリーチがかかっている髪にパーマをかけるのはかなりの難易度とリスク…
お断りしてしまう方も多いのではないでしょうか?
 
 
そんな皆様にお届けしたいのが今回の”南式酸性デジタルパーマ”です!
 
お客様の「やってみたい」に応える、知識と技術のテクニックにフォーカスします!
 
 



 
《南佳太先生とは?》

 
 

1. このセミナーは

☑こんな方にオススメです
・ブリーチをしてる方にもパーマができるようになりたい方
・酸性デジタルパーマを詳しく知りたい方
・パーマの考え方を知りたい方
・客単価をあげたい方
・提案の幅をもっと増やしたい方
・薬剤コントロールを知りたい方
・デジタルパーマのロット選定、温度設定理論を知りたい方
・デジタルパーマのテストカールの仕方を知りたい方
 
 

2. ブリーチ毛にも理論で対応!酸性パーマはこの髪にもかけられます!

今回のビフォースタイルはこちら!
 
 

 
 
見た目でも難易度が高そうなのがヒシヒシと伝わってきますが…
かなり複雑な履歴をお持ちです。
 
・バレイヤージュ
・中間から毛先にかけてたっぷり入ったハイライト

 
さらに…
 
・細毛
・軟毛

 
という頭を抱えてしまいそうなこちらの髪にパーマをかけていきます!
 
 
今回はこちらに柔らかいフェミニンな印象のスタイルをSカールで作っていきます。
 
そして今回は絶対に痛ませることはできない理由が!
なんと、モデルさんは8ヶ月後に挙式を控えていらっしゃいます。
 
 
絶対に切るようなことはあってはいけない重大な任務を背負う中、南先生はダメージを極力抑えた仕上がりにどうやって持っていくのか。
施術の様子をみていきましょう!
 
 

3. 経験則と知識で組み立てた理論!ダメージも怖くないパーマの考え方

セミナー内では、今回のようなハイダメージ毛への適切なアプローチ方法を、南先生の経験則と理論から解説していただきます。
 
 

 
 
その知識の量は圧倒されるほど!
 
ロッド・薬剤・温度・施術…
動かす指先の全ての情報をしっかりとレクチャー。
 
 
さらに、オンタイムではコメントも数多く寄せられました!
 
 

 
 
視聴者からのコメントが多く寄せられているということは、それだけ現場で求められているテクニックだということ。
デザインカラー時代だからこそ、何か一つ、他と差別化を図るための一つの武器としてパーマに注目してみるのはいかがでしょうか?
 
 

4. 決め手を追いかけて技術を習得!カールを操る”南式”

たくさん気をつけていくポイントがある中で、南先生が注目していた工程のうちの一つが”薬とロッド選定の関係性”
 
ロッドの大きさ=仕上がりのカールと考えてはいないでしょうか?
 
「カールが全然出てこなかった…」
そんな悩みの原因も実はロッド選定が原因かも?
 
やってみてできなかったパーマの疑問にフォーカスできるポイントです!
 
 

 
 
 
さらに注目していただきたいのは”温度設定”
 
髪を大切に思うからこそ、毛髪の性質を理解した温度設定は欠かせません。
「固くなる」という印象を持つデジタルパーマも、温度をしっかりと調整することによって柔らかい質感を実現します。
 
 

 
 
他にも様々なポイントをしっかりと踏まえた上で、ケアも完璧に行いつつ最後の流しを終えると…
 
 

 
 
ご覧ください!このプリンプリンなカールを!
 
ここからスタイリングでどんな仕上がりになるのでしょうか…?
ワクワクの仕上がりは次のページで!
 
 

> 次のページでは完成スタイルと動画の一部を公開!

 
 

関連記事

人気記事