Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2021年09月22日

全セミナーを振り返る!-やっててよかった“リアン式”を徹底解剖-

LINE facebook twitter

HAIRCMAMP初の試みとなる今回のセミナー。
 
過去の講習を振り返りながら、先生自ら“現在”の視点で解説をしていただきます。
 
2021年9月19日に放送された
 
Lian 畠山 亮介 ─ やっててよかったリアン式【解体版】
 
の様子をダイジェストでお届けします。
 
 

 
 
リアン式セミナーを絶賛コンプリート中の、綴りストことSugaです。
 
縮毛矯正に特化したセミナーを過去三回、開催して頂きました。
 
【第一弾】ニュースタンダード縮毛矯正「やってて良かったリアン式ストレート」
【第二弾】全ての毛質、複雑履歴を紐解く”応用編”「やっててよかったリアン式・改」
【第三弾】『やっててよかったリアン式ストレート・酸の型』門外不出の究極のknow-how

 
毎度多くの方が受講し、革新的な手法や圧巻の仕上がりに、大きな反響を生んだ畠山先生。
 
 
今回はどうしてこの形でのセミナーに至ったのか?
 
従来の矯正の考え方から進化させ
アルカリ域〜酸性域の幅広いやり方を、取り入れる施術者が増え始めた昨今。
 
そんな中で、日々蓄積されてる疑問点を
一挙に解消できる場を設けようと、再び畠山先生が立ち上がってくださいました。
 
“リアン式”は、初級者であろうが上級者であろうが、誰にでも寄り添える優しい理論になります。
 
今回は【解体版】という事で、過去のセミナーの“良いトコ取り”をしながら
解説していただく、贅沢な時間となっております。
 
明日から活用できるスキルや知識を今一度、ブラッシュアップさせていきましょう!
 
 



 
《畠山亮介先生とは?》

 
 
 
※配信に関しまして、ヘアキャンプでは講師・スタッフの安全に配慮して行なっております。詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
 

1. セミナーチャート

☑こんなことが学べます
・アルカリ域〜酸性域まで
・シンプルに解りやすく理解を深める
・ハイダメージ毛の癖毛への対応方法
・薬剤調合の注意点
・アイロンワークの解説
 
 
 

2. リアン式を綴ってきた筆者から一言

ありがたいことに
過去のセミナー記事の執筆を、全て担当させて頂いております。
 
そんな私の視点から“リアン式”を一言で表すと
 
“愛に溢れた技術”です。
 
・お客様のため
・美容師個人のため
・教育のため
・経営に携わるオーナーのため
・メーカーのため
・美容業界のため

 
色んな方面に多大な“プラス”のエネルギーを放出し続けているのが、リアン式です。
 
人と人とを結ぶLian(絆)が
今日もまたこのセミナーで多くの笑顔を生み出します。
 
 

3. 第一弾の振り返り

【第一弾】ニュースタンダード縮毛矯正「やってて良かったリアン式ストレート」
 
リアン式ストレートは、アルカリ域から酸性域の全ての領域で施術をします。
 
毛髪の状態に合わせて
“適切な薬剤選定&塗布、適切なドライコントロール、適切なアイロンワーク”
 
を理論的に掛け合わせていきます。
 
 

 
 
この章では、“アルカリ域でギリギリいける”であろう毛髪状態のモデルさんへの施術でした。
 
このセミナーが一つの指標となり、のちに続く“改”と“酸の型”の考え方を落とし込みやすくなります。
 
リアン式のアルカリ矯正では
低アルカリで高還元の薬剤を使用します。
 
当然、髪に優しく無理をさせない施術。
 
PH値、アルカリ度、還元値、それらを踏まえた薬剤の考え方を紐解き
基礎中の基礎をこの章では学んでいきました。
 
 

4. 第二弾の振り返り

【第二弾】全ての毛質、複雑履歴を紐解く”応用編”「やっててよかったリアン式・改
 
別名、“透明人間との戦い”と言われるこの章。
 
酸性域での施術になりました。
 
ハイライト履歴があり、直近で暗めのカラーでトーンダウンされた履歴のモデルさん。
 
ハッキリとハイライト部分が見えているわけではないので、
安心安全なスペックの薬剤でのアタックと
ペーパーを使った応力緩和や、ドライコントロールを駆使しておられました。
 
 

 
 
昨今のデザインカラーのブームや
酸熱トリートメント履歴のある髪に対してどうすべきか?
 
複雑履歴に対しての考え方、薬剤の作り方も動画を見ながら具体的に解説して頂き、大変理解が深まりました。
 
酸性領域で活躍する
GMTとスピエラが登場したのもこのセミナーから。
 
多種多様な還元剤の取り扱いもに関しても、深掘りしております。
 
 

> 次のページでは第三弾の振り返りと動画の一部を公開!

 
 

関連記事

人気記事