Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2021年07月18日

骨と筋肉から読み解く、小顔へのキホン。

LINE facebook twitter

 
 
一気に夏らしくなりましたがいかがお過ごしでしょうか。
こんにちは詩歌です。
 
 
今回は2021年07月15日に放送された
 

「単価20万円超え – 座ったままで施術する小顔矯正【小顔矯正以上、美容整形未満」

 
の様子をダイジェストでお届けいたします。
 
コルギや小顔専門店の流行で、小顔矯正と聞くとまず真っ先に「施術が痛い」というイメージが浮かぶ人も多いと思います。
お客様に「痛い」と思われるのはどんな時もハラハラしてしまうもので、例え効果が出ているとしても痛がられる手技をすすんで行う技術者は少ないのではないでしょうか。
 
しかし今回松西先生から教えていただく手技は痛みもなく、施術中には心地よくて眠ってしまうお客様もおられるほどで、初めてリラクゼーションに取り組む技術者も、初めて受けられる方も安心して施術に臨めます。
 
 
サロンワークのカラー放置時間や、シャンプー後のちょっとした時間でも施術ができ、リフトアップと小顔に近づくことができます。
 
実は日本の医学ではまだ認められていない小顔矯正ですが、松西先生の施術結果は「予想以上に実感があるので認めざるを得ない」と密かに 医師の方からの支持も厚いそうです。
 
20万円という単価で500人を超える有名人が通う小顔矯正サロン。
8年以上も高単価で続いてるその確かな技術とは?
 
明日からサロンワークに活かせる施術から、簡易メニューの作り方まで、そしてアシスタントからオーナークラスまで幅広く学んでいただける内容になっています。
是非、ここでしか学べない他店とは違う付加価値を、お客様に提供しましょう。
 
 

 



 
《松西宏典先生とは?》

 
 
 
※配信に関しまして、ヘアキャンプでは講師・スタッフの安全に配慮して行なっております。詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
 

1. セミナーチャート

☑️こんなことが学べます
・サロン新メニュー『小顔矯正』のメニュー化
・新メニューによる売上アップの秘訣
・サロンの付加価値。高単価メニューから低単価メニューまで
・顧客満足度の向上
・肩、首の効果的な痛くないマッサージ技術
・リフトアップ、顔の歪みの緩和、顔のサイズダウン
 
 
 

2. 顔が小さくなる仕組み

顔を小さくすると言うのは体積を減らすと言うことでもあります。
顔は脂肪、水分、筋肉、骨の4種類の素材で構成されているため、それらの体積を少しずつ減らしていきます。
 
筋肉や骨というと一見減らせないもののように思いがちですが、実は筋肉内にも不要な乳酸やアンモニアなど、排出すべき物質は含まれているそうです。
 
そこで今回は頸肩部や頭部の、主に骨と筋肉にアプローチして、頭を本来あるべき姿に整える環境づくりをしていきます。
 
 

 
 
実は日本の医学ではまだ、認められていない小顔矯正ですが、松西先生のセミナーでは首や肩のマッサージも、ただ指圧したり、もみほぐしたりするだけではなく筋膜や解剖学上、短時間で高い効果の出る手技を習得できます。
骨は絶対に動かない!と決めてしまう前にテクニックを学ぶつもりでまずは受講して、そして身近な人でどんどん手技を含めトライしてみていただきたいです。
 
 

3. 骨と筋肉の関係について

私たちの頭部は全部で23個の骨で構成されています。それらの骨に筋肉がくっついて頭の形になっています。そして私たちの体は四六時中重力のある空間で生活しています。
 
そうすると体の重みや姿勢を支えるために常に緊張状態になりやすい筋肉、逆に普段ほとんど動かさない筋肉などは、重力とともに垂れ下がってきてしまうのです。
 
 

 
 
筋肉につられて骨も重力と共に下部にずれてくると、本来のバランスとは異なる位置に骨がズレてしまうため、頭痛や肩こりを引き起こす一つの原因となってしまいます。
 
そこで筋肉がなるべく健康な状態で収縮したり伸びたりしてくれる環境を整えて、骨の本来の縫合の位置から歪んでいる部分を正しい位置に戻すことで全体のリフトアップやシェイプアップを期待することができます。
 
 

4. 頸肩部の筋肉へのアプローチ

今回ほぐしていくのは主に首、肩の筋肉と頭の筋肉、そして骨です。
 
 

 
 
肩甲骨と骨盤は実は体の筋肉の基地局になっていて、全身の筋肉を動かす大事なキーポイントになっています。
それと同時に凝り固まってしまうと厄介で、患部だけではなく付随する周辺筋肉にも影響が出てしまいます。
 
そこで今回は主に僧帽筋、胸鎖乳突筋、広頚筋、斜角筋(前中後)などのほぐし方を、実演と解剖図をどちらも用いて教えていただきました。
 
 

 
 
筋肉が綱引きしてしまっている部分を手技によって弛緩させます。
 
最後に出てきたイタズラ好きの小胸筋もまさに松西先生の言う通りで、ここが固まってくると全てが巡らなくなる感覚がします。
自分自身ももちろん、在宅ワークなどでお疲れの方にはもってこいのもみほぐしだと思いました。
 
 

> 次のページでは頭部のもみほぐしと動画の一部を公開!

 
 

関連記事

人気記事