Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2021年04月08日

スパをやりたい全ての技術者に送る、山﨑先生から習う本当に気持ちの良い頭の触り方。

LINE facebook twitter

 
 
こんにちは、20センチほど髪を切りました。
ハイダメージポーラス毛だった毛先とやっとサヨナラできて、ウキウキるんるん毎晩髪を乾かせそうな詩歌です。
 
 
今回は2021年04月06日に放送された
 

「BOLANGE 山﨑達也 ─ ヘッドスパ指名No1になろう! 新人アシスタントでも指名をいただける、唯一無二のヘッドスパ技術」

 
の様子をダイジェストでお届けいたします。
 
 
この記事を読んでくださっている画面の向こうのあなたに伝えたい。
もう勝ち組です。
 
 
冒頭で、スパをやりたい全ての技術者に送ると書きましたが、今回のセミナーは実は全美容師がやっている、しかもなかなか自力でアップデートできないあのテクニックが出てきます!
 
 

 
 
待望の第3回目となる今回のヘッドスパセミナー。
第2回のコラムを担当させていただいて以来先生の大ファンで、実は第2回の受講後に気になって第1回もアーカイブで受講しました。
 
 
今回のセミナーはまさにガンダムのオリジンの如く、第一回・第二回の基礎基盤となる内容となっています。
 
ヘッドスパのみならず、気持ちいいシャンプーの仕方まで!!(このシャンプーこそ全員に見て頂きたい…!)伝授して頂いたので、受講コンプリート中の方はもちろん、新年度が始まってこれからヘッドスパを頑張りたいアシスタントの皆さん、そして教育者としてサロンでヘッドスパをより強化したいシニアスタイリストの皆さんも、今回のセミナーでより理解を深め、お客様の満足度をグングン上げていただきたいと思います!
 



 
《山﨑達也先生とは?》

 
 
 
※配信に関しまして、ヘアキャンプでは講師・スタッフの安全に配慮して行なっております。詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
 

1. セミナーチャート

☑️こんなことが学べます
・ヘッドスパでできること
・施術において注意すべきこと
・ヘッドスパの必要性を伝えられるカウンセリング
・座り位置での手技
・フルフラットでの手技
 
 
 

2. ヘッドスパ概要

前回、前々回と大急ぎで駆け抜けたヘッドスパ概要について、今回はもう少し掘り下げていきたいと思います。
 
 

 
 
まず私たちには、ヘッドスパに対して多くのお客様が持っているオプショナルなイメージを変えていく、と言うミッションがあります。
実際の施術で満足度を上げてリピートしてもらう。そんな説得力のある技術で魅せることももちろん素晴らしいのですが、時には自分の技術について語れる事も大事です。
 
 
例えば。
 
まだ誰も触れていない初めてご来店されたお客様が、カラーカットトリートメントでご予約されていました。
しかしカウンセリングの結果カラーは見送りに。
どうやら最近カラー剤で頭皮がピリピリしてしまうのでパッチテストをしてみたい。
しかも肩こりや腰痛で長時間座っているのが辛いらしいのです。
 
これはヘッドスパの出番だ!と技術者は気が付きますが、お客様はそもそもヘッドスパとトリートメントの違いもよくわかっておられません。
 
そこでヘッドスパ試してみませんか?と案内する時、
 
・気持ちいい
・リラックスできる
・頭皮が綺麗になる
 
と言う案内をしたA店と
 
・ヘッドスパには筋肉を弛緩させたり活性化する働きがある
・筋肉をほぐすことで血流が酸素を運んでくれる
・こだわりのオイルやシャンプーを使っている
 
と言う案内をしたB店。
 
あなたがお客様だったらどちらの店舗で施術を受けますか?
 
お客様に自分たちの技術がいかに稀有で価値のあるものかお伝えしなければならなくなった時、山﨑先生のヘッドスパ概要が頭に入っているとまさに百人力です。
 
 

3. 手技におけるコツ

私たちは営業マンではありませんので、もちろん説明だけで終わってしまってはどうしようもありません。
ここからは実際にお客様に施術していく際のコツを教えて頂きます。
 
 

 
 
今回のセミナーでは大きく分けると2つの手技のポイントが登場します。
 
まず一つ目は圧をかける力の方向に気をつけること。
ヘッドスパにおいて最も避けたいのは、もみ返しが来てしまったり、強い痛みを伴うこと、リフトダウンしてしまうことです。
そこで施術中は常に力の向きに注意して手技を行う必要があります。
 
二つ目は目的をはっきりさせること、自分が何をしているのか正しく認識しながら手技を行うことです。
自分の手技は軽擦なのか圧迫なのかはたまた揉捏なのか、その手技によって何を刺激したいのかを頭で考え、そして指でお客様を感じ取ること。
 
 

 
 
この2つがヘッドスパ上達の大きな鍵を握っています。
セミナーをご覧の皆様はぜひ圧の方向と目的について予想して、本編で答え合わせをしてみてください!
 
 

> 次のページではさらに詳しい内容と動画の一部を公開!

 
 

関連記事

人気記事