Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2022年03月08日

“誰にでも似合わせ×2way質感ショートパーマ”3つのロジック〜vain 土田哲也先生と共に新しい可能性を拓いてみよう!

LINE facebook twitter

 

 

「どれにしようかな?」
「どっちがいいと思う?」


 

女子トークでよく耳にする、そんな会話。

 

女性はいつまでも色々なことを「選びたい」ですよね。

 

スカートも好きだし、
パンツスタイルで
カッコよくキメるときもある…
白もいいけど、アイボリーも捨てがたい…

 

そんな可愛いワガママなオトメゴコロは
女性なら誰しもが心に抱いているはず。

 

かく言う筆者こと盛(サカリ)
“カラバリ豊富”とか”○way可能”なんて言う
コトバ遊びにはワクワクして、
いい意味での優柔不断な時間こそ楽しいものです。

 

ファッションやメイクが変われば
もちろんヘアスタイルも。。

 


#Tショート と名付いた
カッコよさの中に女性らしさを感じるスタイルを
次々と手掛ける土田哲也先生

 

 

これまでのHAIRCAMPのセミナーでは
その魅力的なショートスタイルの
カットでのバリエーションを
幅広くご教授していただきましたね。

 

今回はさらに
パーマを掛け合わせることによって
よりお客様の再現性を高めて
リピート率まで上げてしまえる

と概要にて打ち出されていました。

 

パーマ顧客リピート率はなんと驚愕の95%ーー。

 

圧巻なのは先生の
スタイルの引き出しの広さのみならず
お客様目線で”楽しめる2way“が可能となる
エンターテイメント性にも感じることが出来ます。

 

それは一体どう言ったロジックによるものなのか…

 

そして
「ショートのお客様にパーマがしたいと言われて
自信を持って提案
または提供できていますか?」



 

「多毛の方、直毛の方、ハチが張ってる方、
自信がないから断っていませんか?」

 

パーマ比率は良くて30%と言われる美容業界。
その背景には美容師側の自信の無さもあるでしょう。

 

お客様側も美容師側も感じる
パーマでのデメリットを”メリットに変える”
【3つのポイント】

に秘められているのです。

 

ひとときも見逃すことのできない2時間半を
ダイジェストでお送り致します!

 

 



《土田哲也先生とは?》

※配信に関しまして、ヘアキャンプでは講師・スタッフの安全に配慮して行なっております。詳しくはこちらをご覧ください。
 
 

1. セミナーチャート

☑️こんなことが学べます

・パーマが苦手な方でも失敗しないシンプルなパーマ理論
・骨格や顔型に合わせたカット&パーマ理論
・質感をコントロールするカット&パーマ
・パーマの提案方法
・パーマによるリピート率向上の秘密
・写真の撮り方のポイント

 
 

2. モデルさんビフォー

 

 

 
 
今回のモデルさんは
直毛/細毛/
ボリュームは多くなく、
ペタッとしやすい髪質。

 

お顔タイプは面長さん。

後頭部もなだらかなため、
縦に長方形になりやすいとのこと。

 
 

 
 
角張って見えやすいため
横軸の丸みを作って縦の幅を減らし
カジュアルでキュートな雰囲気を目指すそうです!
 
 

3. ビフォアカット

パーマのデメリットは大きく3つ挙げられます。

 

一つ目は、

「かけたての馴染まない違和感」です。

 

髪質やダメージによって
毛先がかかりすぎ、
パーマ後の膨らみ感が出ることが原因です。

 

3つのポイントのうちの1つ、

”様々な髪質や状態でも狙った質感に
コントロールする○○”

カットに秘訣がありました。

 
 

 
 

各ゾーンや髪質のカットの方法で
自然なひし形シルエットを造り、
「輪郭に馴染んでいて自然で繊細な
カール感」
になるメリットに変わります。
 
 

4. パーマ

パーマ
2つ目のデメリットは

「結局スタイリングが大変」ということです。

 

骨格や顔型に沿っていないと、
乾かす時に膨らんだり、
伸ばしたりして乾かさないといけなくなりますね。

 

結果、
お客様がお店のような仕上がりを作ることが出来ず、
パサつきやダメージにも繋がってしまうのです。
 
 

 
 

それをデジキュアを使ったパーマに
【ある方法】を用いることで
コンプレックスのある骨格や顔型でも
似合わせることができ、
「乾かすだけで簡単に理想のシルエットに」

そして、3つ目のデメリットである

「パーマが緩くてとれた、
または
強くかかりすぎてしまった

ことにおいて

 

コールドパーマの場合、
髪質やダメージレベルに対しての
ロッド選定、回転数、軟化がジャストで
合わせることが難しいという問題が浮上します。

 

それを改善するために
デジキュアをお勧めしているそうです。

 

〜コールドパーマに比べて
・ダメージが少なく艶がある仕上がり
・においがない
・再現性がいい

 

その点から
「パーマのもちが良く、強めや弱めの2way質感が楽しめて、
パーマのメリットを最大化させることができる」

のです!

 

コールドパーマに比べて
時間がかかったと思われないような
回転数になる塗布方法や
ロッド配置のコツも教えていただきました。

 

5.アフターカット

柔らかそうで弾力のあるパーマに見えますが、
これだとまだ膨らみ感がある仕上がりです。

 

ここからレザーとドライカットを用いて、
より質感を極めていきます!

 

細やかなレザー捌きで
みるみるうちにモデルさんにフィット。

 

先程あげられたデメリットは全く感じられず
濡れてる状態でも
左右でこんなに変わっていきます。

 
 

 
 

質感に合わせて
様々なスタイリング剤をご用意されていました。

 

これもリピートに繋がる繊細な仕掛けの一つです。

 

お客様が鏡を見てワクワクされ、
スタイリングを使うことで
いつでも美容室を思い出してくれる、

ご自宅に戻られた後のことまで
想像されてらっしゃるのは
流石の一言に尽きます。

 

本当にザッと簡単に乾かして
誰でも出来そうな
ポイントに合わせてスタイリング剤をつけるだけで
一つ目のスタイルが仕上がりました!

 
 
 

> 次のページでは仕上がりと動画の一部を公開!

関連記事

人気記事