Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2021年05月27日

再現性100%!!ボブが切れるようになる秘密の【方程式】

LINE facebook twitter

こんにちは!ユーガです!

 

『今、人気の髪型は?』と、聞かれたら皆さん何と答えますか?
僕は迷わず、ショートボブ!!と答えます。

 

インスタなどでも一番見ますし、何より可愛い!!
ショートボブが似合ってる方がいたら、振り向きます。笑

 

そんなボブスタイルですが、
「なんとなく雰囲気で切ってる」
「どれが正解の切り方かわからない」
と、いう方、多いのではないでしょうか??

 

もしかしたら、できている気になっしまっている可能性もあるかもしれません。

 

今回はそんな悩みを救ってくれる先生の登場です!!

 

題して、

 

invitation 住吉望ー当てはめるだけで全てのボブが切れる 【住吉ボブの方程式】

 

を、ダイジェストでお送り致します!

 

かなり分かりやすいセミナーなので、しっかりと基本を理解してボブスタイルをマスターしましょう!!

 
 
 



 
《住吉先生とは?》

 
 
 
※配信に関しまして、ヘアキャンプでは講師・スタッフの安全に配慮して行なっております。詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
 

1. セミナーチャート

☑️こんなことが学べます
・ボブを切る際の考え方
・アウトラインが直線のボブの切り方
・アウトラインがラウンドのボブの切り方
・ボブスタイルの見分け方
・いろんな種類のボブスタイル

 
 
 

今回はボブスミスの登場から始まりました笑

 
 

 
 

早速住吉節が炸裂しておりますが、ボブの名前の由来もお話頂いて、最高の幕開けとなりました!!

 
 
 

2.住吉式、ボブの方程式

住吉式のボブは、以下の4つのラインから構成されます。

 

・アウトライン
・アウトラインとウエイト
・顔周り
・トップのレイヤー

 

もちろん全てが大切な要素になっているのですが、最初に決めていくのがアウトラインです!
アウトラインの中にも2種類あり、それを見極められるかどうかが大切、と住吉先生は仰います。

 
 

 
 

そこをしっかり見極められることができれば全てのボブスタイルに対応できますし、基礎が出来ていれば応用もできる!
というわけですね!!

 

アウトラインには、
・ラウンド型
・直線型
の、2種類がありますが、今回はそれぞれをウイッグで実演頂いています!!

 

うやむやにしてしまっていた基礎の技術をしっかり学んでいきましょう!!

 
 
 

3.アウトラインがラウンドのボブ

第一部は、アウトラインがラウンドしながら平行、ウエイトは前下がりの
今、一番流行っている形で実演頂きました。

 
 

 
 

しっかりと、頭の丸みに沿って立ち位置も変えながら切っていきます。

 

ここで大切なのは、住吉先生は1cm程しかグラデーションを入れませんでした。
今時のボブスタイルはこのくらいでいいそうです。

 
 

 
 

住吉先生に言わせれば、ウエイトや段を上げすぎてしまう人が多いそうです。
確かに完成の写真を見るとウエイトをあげてしまいそうになりますよね、、、

 

しかし!!
先ほどの1cmグラのボブに、セニングとレイヤーを入れると、

 
 

 
 

このように、ちょうどいい感じのウエイトに、レイヤーとセニングで動きも出ています。

 

「住吉先生だから、このバランスがわかるんでしょう、、、」
という、そこのあなた、大丈夫です!!しっかりとスタイルを見極めるポイントもご紹介頂きました。

 

このセミナーを見ればどのくらいのウエイトで切ったらいいのか、また、アウトラインの設定をどのようにすればいいのか、
ひと目でわかるようになります。

 

これでお客様からのどんな提案にも対応していけますし、提案の幅も広がりますね!!

 
 
 

4.アウトラインが直線のボブ

コーラ休憩を挟みながら、、、笑

 
 

 
 

第二部は、アウトラインが平行のスタイルなので、まずはワンレンにカットした後、段を入れていきます。今回も1cm程度。
絶対にアウトラインは切らないように、アウトラインをスタイルのガイドにして切っていきます。

 
 

 
 

切ってはいけないところを切ってしまっていたり、引き出す角度が間違っていて切れていなかったり、、
そんな経験、誰しもあるのではないでしょうか?
カット中、基本的なこともしっかりと解説していただいているのでしっかり学んだら確実にミスが減る内容になっています!!

 

住吉先生は、アウトラインとレイヤーの組み合わせの正解は3パターンと仰っていました。
しかもその中でも9割を締めるのが、平行、前下がりのバランスです。

 

ここに、顔まわりを切ったり、トップにレイヤーを入れることで色々なボブのスタイルが出来上がっていくそう。

 

セニング、レイヤーを入れて、完成がこちらです!

 
 

 
 

最初のワンレンボブからは想像がつかないくらいの、今時のショートボブスタイルです。
ここから見てもわかるように、やはり最初から段を入れすぎる失敗は多いように思います。
しっかりとスタイルを見極める目も、このセミナーで養っていきたいですね!!

 
 
 

> 次のページでは完成スタイルと動画の一部を公開!

 
 

関連記事

人気記事