Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2020年09月30日

-参考書の参考書になり得る理論-シンプルが導く進化のその先

LINE facebook twitter

「今日、こんな感じに切ってもらえますか?」
 
「はい!わかりました!」
 
(えっ?、これどうやって切るんだ・・・)
 
 
 
どうもこんにちは、Sugaです。
 
突然ですが、
この様な状況に身に覚えはございませんか?
 
アシスタント、
若しくはスタイリストなりたて
 
いやはやキャリアなんて関係なく
最新のトレンドスタイルなどに対して、
100%理解してカット出来ているでしょうか。
 
 
疑問を
最短で明確にシンプルに紐解く“目”
このセミナーで養われます。
 
 
#赤ペン先生 でお馴染み
住吉望先生をお招きして、
@sumiyoshi_nozomu
 
invitation 住吉 望 – リアル赤ペンカット。よくある失敗の原因と対策。
 
の様子をダイジェストでお届けします。
 
 

 
 
住吉先生はこの度HAIRCAMP初登壇。
 
今回のセミナーの為に何度もリハーサルを重ね、
 
より伝わりやすく
より理解しやすく
よりシンプルに

 
洗練させたセミナーを届けてくださいました。
 
内に秘める想いは煮えたぎるほど熱く
 
頭と言葉はクールに
 
まさに冷静と情熱の間のセミナー。
 
よくこの内容を2時間で
簡潔に収めたなと、驚きです。
 
 
そしてスペシャルアシスタントてして
住吉先生の大親友
CANAANの立石先生がサポート役に回ってくださっております。
(めっちゃ贅沢〜)
 
 

 
 
では
みなさま準備は良いですか・・・
 
2時間ノンストップ
濃厚激熱セミナー
 
住吉カット塾の開講です!!!!!!
 
 



 
《住吉望先生とは?》

 
 
 
※配信に関しまして、ヘアキャンプでは講師・スタッフの安全に配慮して行なっております。詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
 

1. セミナーチャート

☑こんなことが学べます
・良くあるカットの失敗について
・正しい理論
・ベーシックショートのカット方法
・失敗カットに対してのお直しポイント
・セニングワークについて
 
 
 

2. 良くある失敗

まず、ウィッグを使用して
良くある失敗例を解説してくださいました。
 
住吉先生は
個人のオンラインサロンにて
“赤ペン先生”活動をされ始めてから
約1000件ほどのスタイルを解説されたそうです。
 
物凄い量ですね・・・
 
そこで見てきたスタイルの約半数は
何と
ほとんど同じミスだったそうです!
 
 

 
 
そこで、
 
最も多いであろうミスの仕方を
わざとカットをして頂き、
後に自らお直しするという
“リアル赤ペンカット”となっております!
 
 
「あー、これやりがち!」
と思わず共感してしまう受講生も居るのではと思います。
 
 

3. シンプルイズベスト

住吉先生のカット理論はシンプルの追求により生まれたものです。
 
 

 
 
無駄な事は極力省き
誰でも簡単に理解できる内容。
 
基礎をガッチリ固める事で
全てのスタイルに対しての考え方を理解できます。
 
だからこそ大切。
 
その想いは
“優しさ”から生まれたものです。
 
ここまで分かりやすい理論を提供できるまで
相当な気持ちが無いとやり切れません。
 
相手の立場になって語ることは
相手に本気で寄り添う事で成り立ちます。
それは即ち、
優しさから生まれてくるんですよね。
 
 
まず読み取るのは、
 
・アウトライン
・ウエイト
 
この二つです。
住吉先生理論では、
ここさえ分かれば勝ちです。
 
 

 
 
一種類のスライスのみで
ほとんどのショートヘアを網羅する理論。
 
どのようなスライスにするか?
どのような角度で切っていくか?
どのようなリフトで切っていくか?
 
単純明解凄くシンプル。
 
 
ふ、ふ、ふ。
 
本編にてガッツリ解説頂いております!
 
 

4. ベーシックショートの切り方

理論に基づき、
ウィッグをカットしてくださいました。
 
住吉先生からは、
大事な部分さえ守って切っていれば
細かい切り方は“大体で良い”との事。
 
 

 
 
どこか安心する言葉
 
“大体の事はどっちでも良い”
 
極論、ここの余白があるか無いかで
カットが好きになるか嫌いになるか
変わってきてしまうようにも思えます。
 
 
それだけシンプルに簡単に
 
“失敗のない”
切り方となっていると言われておりました。
 
 
苦手な勉強に対して
大体の事はどっちでも良いけど
ここだけは守ってね。
 
って言われたら
そこを守る事に徹しますよね。
 
そしてそれが成功を重ねる事により、
苦手が得意になり
そして嫌いから“好き”に変わっていく。
 
住吉先生は、
美容師全員に
「カットを好きになってもらいたい」
という想いもあり、
教育の仕方を工夫されております。
 
 
きっと、
住吉先生もはじめは苦手だったはず。
いつしか成功を重ね、好きになり、
今では教育する立場になられた。
 
 
お気づきになられましたか?
 
ここのシンプルな理論は
 
自らの実体験が産んだ、
“愛の理論”なんです。
 
住吉先生の言葉はどこか暖かく、
 
そして
“大丈夫だよ”
“君になら絶対やれる”
と、仰ってくださっているようにも感じます。
 
だから、住吉カット塾には多くの人が身を寄せているんですね。
 
 
 
ささ、
話しを戻しますが
 
“絶対に守るべきポイント”は
 
頭の丸みを把握して、
身体の立ち位置、
身体の角度。
そこの基準を把握する。
 
指1本分どのくらいエレベーションして
どれだけ効果をもたらすか?
腕の角度はどうすべきか?
頭の丸みへの理解はどうか?
そこの基準はしっかり把握しなければならないとの事でした。
 
 

 
 
その基準が分かるまでは当然練習が必要。
 
詳しくは本編を見ながら練習していきましょう!
 
 

> 次のページでは完成スタイルと動画の一部を公開!

 
 

関連記事

人気記事