Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2020年04月02日

プロセスが減っても美しい!REDEAL 中村雄樹考案“コンパクトエアタッチバレイヤージュ”を学ぶ

LINE facebook twitter

 
今回は、2020年3月31日に放送された
 

「REDEAL 中村雄樹 【6名同時施術可能】全レングス対応。カットと連動したハイスピード&ハイクオリティ“compact airtouch Balayage”」

 
の様子を佐藤真央子がダイジェストでお届けいたします。
 
 
ここ数年で、人気を不動のものとしてきた「バレイヤージュ」
中でもエアタッチというテクニックは、バレイヤージュの中でも話題を集めている方法です。
 
半年ほど前に「Perfect airtouch Balayage」セミナーを開催し、バレイヤージュテクニックに定評のある中村雄樹先生を迎え、
中村先生の進化したエアタッチ方法を学んでいきます。
 
コンパクト化された少ない工程数でありながら生産性とクオリティが高まること間違いなしのエアタッチ方法を身につけて、
これまでのサロンワークを一新する、革新的な変化を感じてみてください。
 
 
 



 
《中村雄樹先生とは》

 
 
 

1. セミナーチャート

☑こんなことが学べます
・カットと連動したエアタッチカラー
・ブリーチワークが30分で終わる、ハイスピードエアータッチ施術
・前髪がある方への筋感
・30分間隔でエアタッチの予約を取る方法
・エアタッチ6名同時施術
・筋感の強弱
・ボブ、ショートレングスへのブロッキングの確立
・スタッフ全員に落とし込めるカリキュラム作成
・ホワイトピンクを狙って染め上げる方法
・1日で暗いところを作りつつ明るいところをホワイトレベルに引き上げる方法
・リピートの際のリタッチブリーチ、カラーリング
・効果的なカットと連動したレイヤーカットの方法
・ハイダメージ毛を艶やかに見せるカット方法
・カラー+10分弱で可能なカット方法
・エアタッチを引き出すアイロンワーク&スタイリング術
・インスタで集客するためのヘアデザインの作り方&発信テクニック
・ダメージ感を出さずにつやのあるハイクオリティなスタイルを作る方法
 
 
 

2. コンパクトエアタッチバレイヤージュ〜ロジック編


 
 
【コンパクトエアタッチバレイヤージュ】
全レングスに対応でき、前髪の有無に関わらず取り入れることができる方法。
パネル数が少なくナチュラルテイストを好む方にも挑戦しやすいデザインですが、しっかりとバレイヤージュ感のある仕上がりにできます。
 
 
カットを活かしバレイヤージュでスタイルに変化を作っていく、明日からのサロンワークの参考になる中村先生考案“コンパクトエアタッチバレイヤージュ”を徹底解説。
 
 
 
《表面のみの筋感に特化する方法》
・〇〇〇で、明暗コントロール
・〇〇〇で、筋を自然に
 
 
《部分的に毛量を調整したラインづくり方法》
・〇〇〇は、エアタッチせずそのままの明るさを活かす
・〇〇〇は、毛束の1/3以外を落とす
・〇〇〇は、毛束の1/4〜1/3を落とす
 
 
《ブロッキング方法》
レングス、前髪の有無に合わせて行うブロッキング方法とは?
 
 
《ブリーチコントロール方法》
お客様の髪の状態に合わせた、薬剤の配合量を公開!
 
 
《オンカラー方法》
理想の仕上げにするための、薬剤塗布範囲、薬剤の配合量を徹底解説!
 
 
《ホワイトベージュの考え方》
抜きムラの有無による薬剤の配合量、色味に合わせた薬剤選定の方法とは一体・・・?
 
 
この他、中村先生のおすすめカメラアプリや動画アプリ、なぜ6人同時施術が可能なのか、バレイヤージュのあらゆる問題について理論的に紐解いていきます。
 
 
 

3. コンパクトエアタッチバレイヤージュ〜カウンセリング編


 
 

 
 
《今回のモデルの特徴》
・前髪長め
・顔周りにレイヤーが入っている
・トップの色が抜けている
 
→トップと顔周りにレイヤーを入れてカラーと連動。
暖色気味のホワイトベージュバレイヤージュで、トレンド感のあるスタイルに仕上げていきます。
 
 
 

4. コンパクトエアタッチバレイヤージュ〜ドライカット編


 
 
まず、ドライカットの前にブロッキング。
 
 
《ブロッキング》
・〇〇〇部分を、〇〇〇にしてブロッキングする。
→表面の髪が落ちた時に、自然な放射状でライン感のあるデザインに。
 
 
《カット方法》
・段が付く程度のレイヤーを入れるが、全体的に〇〇〇を残す。
→このレイヤーによってパネル数を少なくすることができ、まとまりと動きのあるスタイルに。
 
 
 

> 次のページでは完成スタイルと動画の一部を公開!

 
 

関連記事

人気記事