Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2020年09月22日

15分で切れる!?ボブ特化型美容師によるアイロン無しでもまとまる!ショートでもない、ショートボブでもない、ど真ん中ボブ!!

LINE facebook twitter

こんにちは!ライターの秋山です。
 
9月も半ばに入り、だんだんと気温も涼しい日が増えてきましたね。
夏は暑くて結ぶことが多い方も、涼しくなるにつれてバッサリ切りたい!と、いう方も増えてくるころ。
 
そんなオーダーが増える前に、改めてオーソドックスなボブのスタイルを見直してみませんか?
 
 
今回はショートやボブのスタイルを求めて予約が殺到する、
sand S 我部 友希先生による
 

「3年間で1万人ボブを切って辿りついたスタイル“半日で予約が500件埋まるボブのシルエット」

 
セミナーをダイジェストで伝えさせて頂きます。
 
 
我部先生は当時ショート推しであったサロンでボブを切り続け、我部先生自身ボブのお客様が増えると共に、今ではsandのサロン全体でボブを求めてお客様が殺到しているようです。
 
 
また、ミニボブやぱつっとボブの産みの親でありInstagramでは3万人に迫るフォロワーという人気ぶり。
 
そんなボブ特化型美容師による、ショートでもないショートボブでもない”ど真ん中ボブ” を磨きに磨いて辿りついた、ボブの全てを学べます。
 
 



 
《我部友希先生とは?》

 
 
 
※配信に関しまして、ヘアキャンプでは講師・スタッフの安全に配慮して行なっております。詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
 

1. セミナーチャート

☑こんなことが学べます
・重そうに見えるのに軽い質感のボブの切り方
・絶対に前上がりにならないカット方法
・自然と内側にまとまるカット技法
・サイドだけじゃない正面からも求められるシルエットの切り方
・ハイライトを入れたように見えるスタイリング方法
 
 
 

2. 1人目ウェットカット”アンダーパート”

 

 
 
1人目のモデルさんは10センチ以上バッサリカット。
長さ設定は外ハネも内巻きもできる、あご下より少し長い前下がりボブにしていきます。
 
 
 
まずはネープ部分から。
ここは生えグセが強い方が多いパートなので一線目は厚く分け取らないようにしましょう。
 
 

 
 
ボブを切る上でこのアンダーパートのベースカットはとても大事なんだそうです。
 
ベースカット時点でキレイにイングラーデーションで切ることで自然に内巻きになります。
そういった土台をベースカットで作ります。
 
 
横に切ったらその後は縦に引き出し丁寧にイングラデーションを入れてカットしていきます。
 
 

 
 
細かくイングラデーションを入れることで手数は増えてしまいますが、そこは丁寧にこだわって切ってもらいたいポイントだそうです。
 
 
 

3. ウェットカット “ミドル〜トップパート”

ミドルからトップパートはそのまま積み上げていくように切っていきます。
 
ただし、ここでも丁寧に細かく切り進める事でアイロン無しでもスッとまとまるのだそうです。
 
 
 
このパートでの気をつけているポイントは、左右の毛流れの違いによって落ちる場所が違うので、しっかり見極めてイングラデーションを入れていきます。
 
もう一つのポイントはサイドを切るときです。
前下がりのサイドを切る際には、お客様に真っ直ぐ前を向いてもらわないとキレイに切れません。
 
 

 
 
サイドを切る際にはお客様にも協力してもらいましょう。
 
 
 
切り終えたらドライしていきます。
ドライの時に意識していることは、自宅でも手軽に仕上がりを再現できるように、お客様から見て難しく見えないようにしているそうです。
 
 

 
 
サロンでは写真映えするようにブラシでツヤを出しふんわりと仕上げていきます。
スタイルをより良く見せるための一工夫です。
 
 

 
 
 

4. ドライカット

ドライカットは主にセニングで切っていくことがほとんどだそうです。
我部先生曰く、ベースカットよりも重要なのがセニングカット。
 
 

 
 
今回のセミナーでも2人目のモデルさんはセニングのみにフォーカスして詳しく解説しています。
セニングはそれだけ、自然とまとまるボブには必要不可欠なんですね。
 
 
削ぎを入れるポイントは2人目のモデルさんの所でまた伝えていきます。
 
全体的にセニングを入れて量感を整えたら、改めて毛先のラインを整えていきます。
 
 

 
 
ここでよりパツっとボブのラインを強調していくのですね。
 
 
まとまりにくい場所を見つけながら細かくイングラデーションを入れ直してチェックしていきます。
 
仕上げに内側のボソッと出てくる細かい髪を引き出しチェックカット。
 
 

 
 
このチェックカットはトリマーで手早くやるようにしているそうです。
 
 

> 次のページでは完成スタイルともう1スタイル、動画の一部を公開!

 
 

関連記事

人気記事