Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2021年09月29日

ちゅるんと大人フワ髪へ。サブリミック×CUTで作る艶髪ハジメ。

LINE facebook twitter

 
 
こんにちは詩歌です。
先日某誌の取材で初めて松永さんにお会いする機会がありました。
知らずに現場入りした私は香盤を見てびっくり(笑)
自分の仕事もそこそこに、いついらっしゃるのかと気もそぞろにソワソワ。
いざお会いしてみるととっても楽しい方で、撮影が始まってからのキリリとした雰囲気とのギャップにハートを掴まれました。
 
 
さて今回は、2021年09月22日に放送された
 

「【ABBEY松永英樹×サブリミック】大人女性デザイン力アップセミナー - Supported by SHISEIDO PROFESSIONAL」

 
の様子をダイジェストでお届けいたします。
 
「大人女性へのデザイン提案が苦手」
「大人女性にトリートメント施術をすることが少ない…」
そんな悩みをもつ美容師さん必見!
 
日本が誇る最高峰のカットテクニックを持つ、ABBEY松永英樹先生が“デザインにトリートメントをかけ合わせる”大人女性デザインを伝授します。
 
大人女性へのヘアスタイル提案と、髪質に合わせたヘアケア技術。
苦手意識を持つ美容師さんが多いからこそ、この2つのスキル習得・向上は、必ずこれから先強い武器となってくれるはずです。
 
 



 
ABBEY オーナー
松永 英樹
@abbey_matsunaga_official

 
 
 
※配信に関しまして、ヘアキャンプでは講師・スタッフの安全に配慮して行なっております。詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
 

1. セミナーチャート

☑️こんなことが学べます
・大人女性のカットのコツ
・デザインを考える際のポイント
・スタイル提案のコツ
・大人女性へのトリートメント提案と施術方法
・サブリミックトリートメントの使い方
・サブリミックトリートメントの開発秘話
 
 
 

2. 本当にちゅるんとなるの?大人女子のお悩みヘアBefor

若手スタイリスト、と呼ばれる時間はキャリアの中でほんのわずか。
そこを抜けると中堅、そして一人前のスタイリストとして活躍することになります。
 
長い修行期間を設けるのではなく、スキルを習得した人材からどんどんんスタイリストとしてお客様を担当する昨今の美容業界。
十分な修行期間の中で様々な年代の人の髪に何が必要か、自然と覚えるまで経験を積める美容師はそう多くありません。
 
そこで今回はオトナ世代の髪事情に密着。
 
 

 
 
パサツキ、広がり、毛量、シルエット、全てが気になる今回の大人女子モデルさん。
パサつくから広がる、量が多くてシルエットが気になるなど、ほとんどの場合、お悩みは全て連動しています。
 
これらのお悩みをすっきりと解決するためには多面的なアプローチが必要そうです。
果たしてトリートメントとカットで本当にうるつや髪に大変身できるのでしょうか!
 
 

3. 松永先生の神業カットでシルエットスッキリ

まずは松永先生のスーパーテクニックで、広がりがちな髪全体をベースカットします。
 
 

 
 
引き出すと思い切って毛量が調整してあったのがわかります。
そこからブラントで切った松永先生のカットラインが美しくグラデーションになっていて、髪1本1本の積み重なりが頭の形を綺麗に見せています。
 
 

 
 
ベーシック的なテクニックと豊富な経験を駆使して、流行り廃りのないエレガントなスタイルが掘り出されできました。
 
 

4. こだわりのサブリミックトリートメント

ベースカットを終えたらカットで作り上げた美しいシルエットを最大限に活かせるように、大人女性の髪をベースから整えるヘアトリートメント、資生堂さんのサブリミックトリートメントを施します。
 
 

 
 
なんと開発に4年もの月日を要したサブリミックのサロンソリューションヘアトリートメント。
熱処理をする所謂酸熱トリートメントですが、後発になってでも安全に使えて、本当に髪のためになるものを開発したいと言うのが資生堂さんらしい開発秘話でした。
 
 

 
 
大人女性への“ショートスタイル提案×トリートメント”って実はとってもグッドコンビだと教えてくださった資生堂さん。
確かにコロナ禍で、いつもほど頻繁にサロンに行けないからこそ、行ける時はトクベツなケアをしたい。
潜在的にそう思うお客様は実は多いのかもしれません。
 
夏も終わり前半で蓄積されたダメージのケア、そしてこれから乾燥が気になる季節に入っていく準備の為にも、きたる10月は沢山のお客様にトリートメントの提案をしていきたいです。
 
 

> 次のページでは完成スタイルの一部を公開!

 
 

関連記事

人気記事