Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2020年09月03日

ブリーチ、フェイスフレーミング、複雑な履歴からバレイヤージュへ!匠なブリーチコントロールをマスターしよう!

LINE facebook twitter

 
 

6. アイロン仕上げ

そして最後はストレートアイロンで仕上げます。
 

バレイヤージュ系のスタイルでよく見かける巻き髪仕上げのスタイル。
巻き髪で可愛く仕上がるのは当たり前。
しかしストレートでもバシッと決まるのが大城先生のバレイヤージュなんです。
 
 
さて、オンカラーの際、「ここはくすみやすいかも、色が入り過ぎてしまうかも」と、おっしゃっていた部分がありました。
 
 

 
 
ここのパートは、アイロンの熱で飛ばすところまでを想定してオンカラーの薬剤を選定しています。
 
熱で色を揃えていくことを、スタイリストが把握してることはもちろん、早い段階でお客様にも伝えているので、ドライした時点で色が濃く入っていても不安ではなく、本当にそうなった!とご了承いただくことができます。
 
 

 
 
アイロンしていくと、みるみる周りと色が揃っていく様は圧巻でとても気持ち良くそして感動してしまいますね!
 
 

7. 撮影のポイント

アイロンを通して流さないトリートメントを付けただけのシンプルスタイル。
 
 

 
 
それでもバレイヤージュのデザインがキチンと作られているからこそ、シンプルなストレートスタイルでもカッコ良く可愛く決まってしまうわけですね。
 
Instagramでお馴染みの撮影も行なっていきます。
撮影はいつも同じ場所で撮ることが多く動画で撮る場合が多いそうです。
 
 

 
 
その際に意識しているのは、自分の目で見た動きではなく、見る人が見やすい動きなどを意識しているのだそうです。
 
カメラワークもゆっくり動かしたり、手を入れたりする際も早く動かさないようにされています。
 
 
 

8. 最後に

いかがでしたか?
内容たっぷりの3時間30分のセミナーをダイジェストで伝えてきましたが、まだまだ伝え切れていないことがたくさんあるので、是非とも動画を見て下さい。
 
 
 
今回は今日初めて会ったお客様に対して、複雑な履歴の状態から綺麗なバレイヤージュにスタイルを移行するという内容でした。
 
 
リアルサロンワークの状況なので臨機応変に対応していたり、初めてやるけどこうやりますなど、引き出しの多さ経験値の豊富さを垣間見ることのできる内容になっています。
 
 
お手本通りの綺麗なバレイヤージュの作り方!という内容でももちろん勉強になるとは思いますが、ある種こういったトラブルシューティング的な内容はなかなか見られないのかなと思いますので是非とも何度も見て刺激を受けて頂きたいなと思います。
 
 
セミナー中やインスタライブなどでもお話ししていたことですが、「やれるかわかりませんが頑張ります!」ではなく、こういう状態だからやれない。だからこういう感じにしませんか?というお話がきちんと出来る必要があります。
それにはたくさんの経験と勉強、失敗と成功を積み重ねて思考し続けるしかありません。
 
こういったセミナーでは講師の考え方に触れる事ができる絶好の場だと思いますので是非とも自分のものにして下さい!
 
 

 
 
大城先生!FLEEK KOBEのアシスタント皆様!ありがとうございました!!治安良し!
 
 



 
《大城俊也先生のセミナー一覧はこちら》

 
 
 


セミナー購入
 
購入は2020年9月4日23:59まで!

 
 
 

9. 動画の一部を公開

 
 
 

10. ヘアキャンプでは

ヘアキャンプはサロンの教育カリキュラムとしても多数導入いただいております。
 
美容業界に特化したスキルや知識をライブタイプと収録タイプで効率よく、自分にあったスタイルで学ぶことができます。
 
 
 
「ライブで学ぶ」では毎週月曜・火曜を中心にライブ配信を行い、先生や他の受講生とコミュニケーションを取りながら、明日仕事で役立つスキルを磨くことができます。

セミナー誘導アイコン_1_アートボード 1

 
 
「録画で学ぶ」では基礎テクニックを中心に自身に合った内容の授業を、好きなタイミングで受講することが可能です。ライブで配信された授業が録画公開されることも?!

セミナー誘導アイコン_1-02

 
 
オンラインでは手先の細かい動きまで何度でも見直すことができ、またライブとなると挙手なく匿名で気軽に質問できます。
 
『常に最前列で、周りを気にすることなく気軽に質問できて、場所を選ばずにネット環境さえあればどこでも学べるヘアキャンプ』
是非体験してみてください。
 
 
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
それでは、また次回の記事でお会いしましょう!
 
 
以上ヘアキャンプでした!
 
linefriend
 
最新情報の配信やお問い合わせ対応はLINE公式アカウントにておこなっております。

関連記事

人気記事