Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2020年06月08日

2時間で3万超え、5万円払ってでもやりたいマダムが続出!髪の魔術師黒木先生の選ばれるヘアカラー

LINE facebook twitter

 
 
こんにちは詩歌です。
6月が始まりました。
先日渋谷から原宿まで散歩中にガレージのような雑貨屋さんを発見しまして、
ついにカラーの時に使えそうなエプロンをゲットしました。
 
 
今回は2020年06月07日に放送された
 

「黒木利光のDAMAGE CUT THEORY – ゼロテクグレーリタッチ × 超時短ハイライト w/ 絶妙カウンセリング術」

 
の様子をダイジェストでお届けいたします。
 
 

 
 
確かな知識と継続できる白髪染め技術を武器に40代に圧倒的な人気を誇るサロン、シャウルデッサンは、客単価平均が26000円、40代女性客単価に絞ると30000円を超えます。
 
今回は、その高単価を支えているシャウルデッサン看板メニュー『傷ませないカラーリング』の中のグレーリタッチ超時短ハイライト、それに加えてデザインカラーとヘアケアのノウハウまで黒木先生直々に伝授していただきます。
 
 
一度来店したお客様の心は一生離さない、サスティナブルなカラー技術が学べます。
もうホームカラーに戻れない、価値の高いカラーデザインを提供したい方必見です。
 
 
女性にとって、自分の髪の毛は何よりも大切なアイデンティティーの1つです。
しかし、オシャレのための施術と髪の毛への負担は隣り合わせなのもまた事実です。
そこで様々なリスクがある中、お客様の髪の毛を任せていただく美容師は、第一にダメージカットのノウハウを学ぶ事が求められています。
 
一概にヘアケア、と言っても果たしてどの成分がどのように毛髪に機能しているのか、どんなメリット、デメリットがあるのか、それらを正しく知っていなければ本当の意味でお客様の髪を守ることはできません。
 
 
どこよりも、誰よりもお客様の髪を真摯に考え続ける。
お客様には10年後もキレイでいて欲しい。
このセミナーではそんな黒木利光先生の、優しさが詰まったハッピーなサロンワークを垣間見ることができます。
 
 
いつもご覧になっている皆さんも、初めましての皆さんも、黒木ワールド炸裂のエネルギッシュな2時間半をお楽しみください!
 
 



 
《黒木利光先生とは?》

 
 
※配信に関しまして、ヘアキャンプでは講師・スタッフの安全に配慮して行なっております。詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
 

1. このセミナーでは

☑こんなことが学べます
・単価を上げるカウンセリング
・グレーリタッチの確かなテクニック
・ハイパフォーマンスのハイライト
・髪質改善トナー
・正しいヘアケアの知識
・語れる知識
・ファン客へ変える技術とトーク術
 
 

2. プレ処理

グレイカラーのリタッチをドライで塗る常識が今日覆されます。
 
「根元の白髪が気になる」
と言うグレイカラー10~20%ほどのモデルさんをお招きして施術をしていくのですが、なんとまずは流してからリタッチを行うと言う黒木先生。
 
 
 
 
それもただ水で流すだけではありません。
 
 
プレ処理で髪の毛をニュートラルな状態に戻すことで、カラー中に不必要なエネルギーを起こさせず、最低限のパワーできちんと染めることができます。
 
まずは表面に付着してる、余分な油脂、そしてシリコン等を流し落とします。
表面が綺麗になったら、髪の内部に入ってしまっている鉱物イオンを取り除いていきます。
 
こうして髪の毛の内部を洗うことでブリーチによる発熱等を防止して、中から毛が壊れてしまわないように予め毛の状態を最もカラーに適した状態に準備しておきます。
 
 

 
 
このプレ処理をすることで、髪がカラーで受けるダメージを先回りして軽減しておくことができます。ダメージを負った後に薬でごまかすのではなく、そもそも傷めない施術が黒木流です。
 
 

3. リタッチ&ブリーチ

プレ処理が終わったらゼロテクリタッチでグレーをカバーしていきます。
 
基本的に根元にべったり塗ることはしないと言う黒木先生。
ベタ塗りしてしまうと肌の必要な水分が流出してしまって乾燥し、早期老化につながってしまう為白髪染めであっても根元にべったり塗ることはありません。
 
 

 
 
このようなこだわりをお客様に説明して、納得していただいた上で施術することで、自分のグレーカラーをブランディングすることができ、高付加価値カラーとして客単価をグッと上げられるようになります。
 
 
本当に根元につけなくてもちゃんとグレーがカバーできるのか気になるところですが、十分な塗布量をもって毛束全体が薬液に浸るように塗布していくことで、ほぼ完璧に髪の毛だけを染めることが可能です。
 
 
そして今日のお楽しみ…ただグレーヘアをカバーするだけでなく、ブリーチデザインを同時施術することで、お客様に高効率高単価、そして高満足度間違いなしの提案をすることができます。
 
グレイヘアのお客様は来店周期が早いのが特徴です。
毎月美容室に来るのに「ハイライトをしてもらったら4時間もかかってしまった!」では再来店時にさらなる提案ができません。
 
何度も繰り返し楽しめる軽ダメージであることはもちろん、グレイカラーのお客様に提案する時には短時間で仕上げられるメニューであることが重要になってきます。
 
 
そこで今回はバレイヤージュ風ブリーチデザインで毛が伸びてきても2ヶ月は目立たない、そんなデザインを提案していきます。
 
 

 
 
目から鱗のブリーチテクニック、見事全頭を10分ほどで塗ってしまうと言う黒木先生の早技ブリーチをご覧ください。
 
 

 
 

4. シャンプー&ヘアケア

じっくりコトコトブリーチ部分がしっかりと16~17レベルまでリフトしました。
OX3%で抜いたとは思えない見事な明るさになっています。
 
 

 
 
ここからがあの神の手と呼ばれた黒木先生による、ダメージさせないカラー毛の本気のケアです。
 
 
まずはしっかりとカラー剤を乳化してカラー剤をきっちり安全に取り除きます。
 
 

 
 
十分を通り越してこれでもかと思うくらいしっかり水洗したら、驚異の擦らないシャンプーでマッサージ、リフトアップも狙いつつ、スキンケアレベルの洗いでお客様のを掴みます。
 
今回はトナーで皆さん大好きクロマIDを使いますが、クロマIDはトリートメントカラーのため、トナーの前にヘアケア&スキンケアのお時間です。
 
 

 
 
黒木先生特選のヘアケアを順番に塗布していきます。
・代謝が良くなる、老化防止剤
・ハリとしなやかさと潤いを与える保湿剤
・上記の薬を髪の内部に留めておく定着剤
・すべての薬を絡めて留めてキューティクルを保護する保護剤
 
 
最後にキトサン、タンニン酸、山田さん、木下さん、野村さん、藤原さんと沢山友情出演がありますので、ペンとメモを握り締めて聞いてください。
 
 

> 次のページでは完成スタイルと動画の一部を公開!

 
 

関連記事

人気記事