Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES
Japanese JA Chinese (Simplified) ZH-CN Chinese (Traditional) ZH-TW English EN Korean KO Spanish ES

2021年01月15日

圧倒的に可愛いスタイルを作る【#わたるマジック】の全て!一挙公開

LINE facebook twitter

 
皆さんこんにちはライターのTamariです!
 
2021年最初のライティングになります!
本年も、講師の先生方のテクニック・熱意がしっかり伝わるように、また視聴者の方々にとって価値のある学びとなるように精一杯執筆していきますので、どうぞよろしくお願い致します。 
 

世の中はなんといってもコロナウィルス感染症の話題一色。
 
多くの職業が形を変え、働き方が変わっていく様を目の当たりにする中で、改めて生活衛生業としての美容業の価値、必要性、そしてどんな状況下にあっても美しくありたい、綺麗になりたいというお客さまの想いをカタチにできる職業である尊さを多くの方が感じていることと思います。
 
とにかく今はコロナ渦でも対策をしっかりとりながら、美を提供することはもちろん、こんな時だからこそ美容室という場所、美容師という人が、お客さまの心のよりどころとなれるように一歩一歩進んでいくしかないことを感じます。
 
その為には、学びを止めないことも重要です。
今年もオンラインを活用して学ぶことを止めずに自分自身の技術・個性を増やしていきましょう! 
 
 
それではさっそく、1月13日に放送された
 

「cache cache 前田 渉―【#わたるマジック】3ヶ月先まで予約が埋まる絶対カワイイ前髪・顔周りカット&フィニッシュワークから撮影投稿まで!」

 
の様子をダイジェストでお届けします!
 
 
今や世の中の多くの美容師がSNSでブランディングを行うのが当たり前となり、Instagram上では、無数のヘアスタイルが発信され、その中で突出したものを生み出すことがなかなか難しい時代。
 

情報があふれかえるそんな時代の中で求められるのは、卓越した技術はもちろんのこと、多くの人の目に留まる圧倒的に可愛いスタイルを作り出し、世の中に発信し、流行を生み出していくことが重要だと感じます。


今回の講師である前田先生は、2つあるInstagramの総フォロワー数14万人、圧倒的に可愛いと評判のあの【#わたるマジック】で人気を集め、3ヶ月先まで予約が埋まる超人気スタイリスト!
 
圧倒的に可愛いスタイル作りから撮影、投稿のポイントまで#わたるマジックの全てを公開していただきました。
 

今回の動画を見れば、次の日から活用することができるようになります。
ぜひじっくりとお楽しみ下さい。
 
 
 



 
《このセミナーはrequestQJとのコラボ配信です》

 
 
 
※配信に関しまして、ヘアキャンプでは講師・スタッフの安全に配慮して行なっております。詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
 

1. セミナーチャート

☑こんなことが学べます
・おくれ毛で作るカワイイベースカット
・伝家の宝刀シースルーバング
・フィニッシュワーク
・アレンジ
・撮影のポイント、投稿
・人の目に留まる、圧倒的に可愛いスタイル作り
・必ず印象に残る、圧倒的に可愛い撮影方法
 
 
 

2. ベースカット

 

 
 
まずは、ロングのモデルさんをワンレンベースのあご下のボブを少し前下がり気味でカット。
 
 
前田先生のこだわりは、お客さまが自宅でドライヤーだけでもかわいくまとまるようにイングラデーションを入れてハンドブローでまとまるスタイル、長持ちするスタイルを意識して作っていくことです。
 
 

 
 
ハチ下は25%のセニングで根元からしっかり毛量をとり、鉢上は中間からトップにかけてイングラが入るようなイメージで毛量をとります。
そうすることで乾かしたときにすっと内側が丸く入ってきます。
 
 
 

3. 伝家の宝刀シースルーバング・おくれ毛で作る圧倒的可愛いスタイル

 

 
 
ここから今回のセミナーの肝となる顔周りのカット、前田先生が考案した【シースルーぱっつん】の作り方を大公開。
 
 
前髪は、お客さまの前に回り込んで綺麗にシェービングしてからカット。
 
まっすぐではなく両サイドを放射状に開くようなイメージで黒目と黒目の間をまっすぐ切って、目尻の方に向かって斜めにはさみを入れていくことがポイントです。
 
 

 
 
ここまで終わったら、フリーハンドでだんをしっかりとりまっすぐのラインを出します。
 
 
まっすぐのラインが出たらすけ具合を確認して重たい部分は縦スライスですきながら重さをとってシースルーを表現。
さらに両サイドのバランスを見ながら目尻から目尻のバランスを合わせていきます。
 
 

 
 
ここからおくれ毛の作り方です。
両サイドの長さ、重たさ、左右の繋がりを見ながら髪を持ち上げずに自然におろしたところで切って合わせていきます。
 
前田先生流のおくれ毛はここで作って終わりではなく、前髪横ともみあげ、こめかみの3カ所で作ります。
 
 
これが圧倒的可愛いスタイル作りのポイントの1つ。
この部分がアレンジ等したときに可愛さが出る部分。
 
 
いかに可愛さのポイントになるかは読み進めて頂ければご理解頂けると思います。
 
前田先生はこの部分を繊細に場合によってはベースカットより時間をかけて作っていくそうです。
 
 

 
 
ここで更に前田先生のこだわりポイントをご紹介!
 
多くのお客さまに見受けられる、前髪横の上、髪の厚みが薄く透けてしまうというお悩みにアプローチするテクニックです。
それを解決するためにはこちらの方法をぜひ試してみて下さい。
 
 

 
 
透けて見えてしまう原因はそこに長さがあるから。
なのでお悩みの部分に降りてくる髪の内側をレザーで削って短い毛を作っていく。
 
この方法によって薄く見える部分を隠して先に作ったおくれ毛と繋げることができてきます。
 
 

 
 
こちらの写真の状態がなにもスタイリングをしていない状態。
 
 
このスタイルが前田先生の売りとなる圧倒的に可愛いスタイルです。
 
 
 

4. フィニッシュワーク

 

 
 
ここからスタイル撮影のために、髪に動きを出すためにスタイリングをしていきます。
 
 
前田先生は、26mmのこてを使用、温度は150度程で設定。
 
【ワッフル巻き】と先生が名付けたサイド三段で毛先を外はねにその上を挟んで波ウェーブを作るイメージで巻きます。
 
 
これだけでも十分かわいくなりますが、最後の撮影を意識してふわっとした動きを出すために根元から外し巻きでスタイルを作るとさらに可愛いスタイルに。
ここのこだわりでInstagram等に投稿する写真の可愛さが圧倒的に変わってきます。
 
 

 
 
スタイリングの仕上げは、ポイントとなるおくれ毛の巻き方です。
 
前髪の横は中間から毛先を外に流す、こめかみは波ウェーブ、外ハネ→内巻きでS字を作り、もみあげも同じ流れで作って、ウェット感を出すためにオイルでスタイリングをして完成です。
撮影においてはここでぱさつきをみせないことも重要。
 
 
ここでさらにお客さまの好きな顔、きき顔の方から分け目をずらして、おくれ毛三点を引き出し他の部分は耳にかけます。
この工程を行うことによって可愛さの表現レベルがぐっとUP。
 
 

 
 

> 次のページでは完成スタイルと動画の一部を公開!

 
 

関連記事

人気記事